その他(ラヴィブログ)|東京・JAPAN|幸せの願いを込めたハートのある結婚写真をご紹介。

ラヴィブログ

TOKYO

おはようございます。

こんにちは。

こんばんは。

ラヴィファクトリー東京店です。

 

 

7月になり今年も残り6ヶ月を切りました。

 

ラヴィファクトリーは6月から通常営業に戻りまして、この1ヶ月間、大変嬉しいことに多くのお客様がご来店され、お申し込みいだだいております。

 

 

例年であれば日本の気候の要因もあり、

結婚式、前撮り、後撮りやフォトウェディングは年間を通して落ち着いてる時期が6月でしたが、

このような事態にも関わらず沢山のご支持を頂けることは大変嬉しい限りです。

本当にありがとうございます!

 

 

某感染症の影響で、2月あたりから結婚式を延期、もしくはキャンセルされるお客様も増え、

今でも結婚式をするか迷われている方も多くいらっしゃるかと思います。

僕も結婚式をする予定でいたらとても難しい選択になると思っています。

 

4月以降はテレワークが始まったり、オンライン接客が業種問わず当たり前にやるようになり、

海外では裁判もオンラインでやっていたり、様々な価値観や需要が変化していきました。

多様な変化の中で6月は我々の予想を遥かに超えるご支持をいただけた事も一つの変化であり、

たった数ヶ月で世の中が変わっていく様は今後ないのかな、なんて思ってました。
 

先日ご来店いただいたお客様は、

 

結婚式ができなくなったからせめて写真だけでも残したい、

 

ということで撮影のお申し込みされました。

撮影には親御様が見に来られるということでした。

 

 

結婚式を挙げずに写真だけ残すことをお選びになったカップル、

その親御様もお子さんの歯痒いお気持ちを汲み取りつつ、

お子さんの結婚式を見れないというお気持ちを考えると、

何とも言えない気持ちになる事は容易に察せます。

 

撮影当日、撮影開始時間になるとタキシードと留袖姿の親御様が撮影のご見学にいらっしゃいました。

スタジオにいるご新郎ご新婦様を見た瞬間、

 

きれい!

 

と親御さんは笑みを浮かべおっしゃっていました。

 

 

その後、撮影は進んでいきます。

お掛けいただけるお椅子をご案内いたしましたが、

親御さんはずっとお立ちになりご見学。

 

というよりお二人を見守っているように見えます。

 

 

 

お二人や親御さんの声。

シャッター音、ストロボの光。

ご新郎ご新婦が2着着られたスタジオ撮影はあっという間に終わりました。


 

 

 

タキシードと留袖をお召しになった親御さまはご自宅で着付けられたようで、

撮影後、お二人よりも先にお帰りになりました。

 

気温、湿度が高い雨の中。

 

 

 

 

 

 

 

このブログをご覧になっているカップルは、

どんな けっこんしき をしたいですか?

 

ご親族、ご友人を招いた けっこんしき。

ご親族だけでの けっこんしき。

2人だけの けっこんしき。

写真撮影の けっこんしき。

 

 

いろいろな形の けっこんしき があります。

世の中が変化し選択肢が増えました。

 

 

 

けっこんしき の選択肢は変わっていきましたが、

けっこんしき に対するお二人、親御さんの想いは変わりません。

どの選択肢でも、子供が結婚することを喜ばない親御さんはいません。

正装したってしなくたって見守りたい気持ちは変わりありません。

 

 

 

 

ラヴィ ファクトリーは色々な けっこんしき の撮影ができます。

 

挙式当日、スタジオ、ロケーション、チャペル。

 


 

 

是非ご相談ください !

RECOMMEND POST

SEARCH MENU

AREA

CATEGORY

TAG


おすすめキャンペーン・特集!