ロケーション撮影(ラヴィブログ)|パリ・パリ市街|幸せの願いを込めたハートのある結婚写真をご紹介。

ラヴィブログ

PARIS

とても幸せな仕事です。

この日を楽しみにしていたお二人からワクワクをたくさんいただきますし、
新婦様の輝きはハンパなくて、こちらまで幸せな気分になってしまいます☆

日本でも長くウェディングフォトグラファーしてました。

日本で撮影の時に気にするべきは「時間」と「会場さん」
パリで気にするべきは「天気」と「街の様子」です。
 
天気が変わりやすいパリ。
怪しい日は雨雲レーダーとにらめっこして、
時間も場所もガンガン変えます。

「パリのこの場所でこう撮りたい」
 ご希望は承るのですが、何一つ確約ができないのがパリです。

 急に工事が始まったり、規制がかかったり、イベントがあったり。
 事前に分かるような大きなイベントもありますが、小さいもの、シークレットなもの、数が多すぎてキリがない!

 臨機応変さが求められます。
 委ねた方が、いつも撮れない写真が撮れたりします。

ロケーション撮影がメインですが、中にはお式をされるお二人も。
挙式撮影はやっぱり緊張します!
でも、いい緊張感。
ご家族の大切な節目、セレモニーは気持ちが改まって好きです。

キラキラした瞬間を撮らせてもらって、
しかも「宝物が増えました~!」なんて言ってもらえるなんて、
なんて幸せな仕事なんだろうと思います。

ブライダル撮影は人物撮影なのですが、
ロケなので風景撮影の要素もあります。

刻々と変わる空の様子をにらみつつ移動。
タイミングが全てです。

アレクサンドルより空いてるし欄干が低くて空が大きく写る、
お気に入りのアンヴァリッド橋。

朝の雨が嘘のような、優しい色目の夕焼け空に。
これね、ほんとタイミングなんです。

1年がっつり撮影して、読めるようになってきました。

長身の新郎様が彼女を見る時の覗くような仕草と、
新婦様が彼を見上げる時にちょっと首を傾ける仕草がかわいくて、
たくさん撮ってしまいました。

自分たちじゃ見れない、自分たちの姿を見て欲しくて。

撮ってない時は柔らかい感じなのに、
撮り出すとぐいっとキャラ変わりますね、
と時々言われます。。

カメラを持った瞬間楽しくなるしピッと気合い入るんですよね。
パブロフの犬的な⁇笑
でものびのび撮影できてるのは信頼できるメイクさん、アシスタントさんのチームのおかげです。

とても幸せな仕事です。

RECOMMEND POST

SEARCH MENU

AREA

CATEGORY

TAG


おすすめキャンペーン・特集!